カラーチャート

名前が分かるもの

ネームプレート

印刷業者ではネームプレートの作成業務を行っていることが多く、依頼することで一般業務に集中出来ます。またデザインがシンプルな方が作成料金も安く、経費削減のためにもプレートデザインについてはこだわらない方が良いです。

詳細を確認する...

ハガキをオリジナルで作る

ハガキ

ハガキ印刷サービスはパソコンを使用した申し込みの流れとなっており、商品の郵送で受け取れる手軽さや便利さが人気の要因となっています。また依頼枚数は10枚または20枚単位で行っており、費用も千円前後からとリーズナブルです。

詳細を確認する...

自分だけのオリジナル

名刺

最近の名刺印刷会社ではポラロイド加工といった新しい技術が誕生し、自己紹介の際に相手に強く印象を残せるのが特徴です。また印刷の価格傾向については名刺の枚数と紙質が関係しており、刷る名刺が増加すると値段も上昇していきます。

詳細を確認する...

小さい紙への印刷

チラシ

印刷をする際の方法として色んな手法がありますが、その中でフライヤー印刷という技術の利用率が近年上昇しています。実際にフライヤー印刷を利用する際には、具体的な利用手順をしっかり把握しておく必要があります。基本的に紙の印刷技術となっているため、依頼や利用する流れとしてはチラシ印刷などと同様となっています。最初に印刷したい内容を業者に伝えていき、そしてどのような配置やバランスで紹介していくかも話あっていきます。その後試し取りをして問題ないか再確認をしてもらって、それで同意が得られたら本格的に刷っていきます。このように、必ず試し取りをしてから内容に間違いがないか再確認した上で、本格的な印刷を開始してもらうことが大切です。

フライヤー印刷とはスーパーや電気店などで利用されることがある技術となっており、その需要は少しずつ増加しています。フライヤー印刷の内容は基本的にはチラシ印刷と大差ありませんが、一番の違いとしては紙のサイズがA4サイズであることが多いです。A4サイズとは駅周辺などで配られることがあるチラシくらいの大きさであり、街頭で配布される時に使用されることが多いです。そのためフライヤー印刷とは小さい紙サイズの印刷技術となっており、街頭でチラシ配布をする場合において重宝します。とは言ってもA4サイズ以外のサイズも存在しているので、フライヤー印刷を利用する際はサイズを確認することがまず重要となってきます。